受付1

受付はクリニックの顔になる部分で、大変重要です。受付でクリニックの印象がほとんど決まってしまう、と言っても言い過ぎではありません。

受付はオープンタイプとクローズタイプとがあります。
できれば、ホテルのフロントのようなしつらえが出来る、オープンタイプとした方が良いと思います。

昔のイメージのような、小さな受付窓口があるような受付は、絶対に避けたいところです。

しかしイメージばかりを優先するのではなく、外部からの人の出入りが把握できること、待合の患者さんの様子がわかることや、カルテなど重要な個人情報が置かれている場所なので、セキュリティー対策もしっかり行うこと等、機能上必要なことは全て満たされなければなりません。

診察室、受付、事務スペース、薬局など、つながりが重要な部屋がありますので、人の出入りや、待合の様子と合わせて、配置には、十分に検討すべきです。

特に紙カルテの場合、診察室との動線上のつながりが大切ですので、注意しなければなりません。

カルテの受け渡しで、患者さんと職員の動線が交わるような形は問題外です。

電子カルテの場合は、カルテの物理的な受け渡しが無くなるので、診察室と受付・事務が離れていても構わないと思われるかもしれませんが、ドクターが受付に指示を出す場合などがあると思いますので、つながりを持たせておいたほうが、良いと思われます。




医業経営研鑽会
医業経営研鑽会

病院・診療所の新築、建て替え、改修、内装、工事予算、法律、についてのご質問、ご相談等お気楽にお問合せください。

相談は無料です。

お問合わせはこちらから