会計

会計は、受付カウンターの延長部分(同一カウンター)で行う形が一般的です。
受付、会計としっかり分けて計画し、レジや、コンピューターなどのスペースもあらかじめ想定しておくべきです。
また、退院時の会計など、大きな金額を扱う場合も多いので、待合の患者さんから、直接手元が見えないように工夫をしたり、患者さんや家族が座って会計できるスペースが、狭くても確保できるとより良いと思います。
また、扱う金額も大きくなる場合がありますので、セキュリティー対策も行うべきです。



受付-診察-会計の一連の流れを十分把握し、機能性をしっかり検討して上で、意匠上のバランスをとりながら、デザインすることが、もっとも重要だとおもいます。

医業経営研鑽会
医業経営研鑽会

病院・診療所の新築、建て替え、改修、内装、工事予算、法律、についてのご質問、ご相談等お気楽にお問合せください。

相談は無料です。

お問合わせはこちらから